折り紙でラッピング袋を作ってお菓子のプチギフトを♪簡単可愛い紙袋の折り方

折り紙でラッピング袋を作ろう!

最近の折り紙を見たことありますか?

100円ショップで色々な種類の可愛い折り紙が
売られているのです。

その折り紙を利用してラッピング袋を作ってみましょう!

プチギフトを入れるラッピング袋が
簡単に折れるんですよ♪

折り紙を使った簡単ラッピング袋の折り方を
ご紹介しましょう!

スポンサーリンク


折り紙でラッピング袋講座

まずはじめに、
折り紙でマチ底ありの紙袋を作ってみましょう。

底の幅で結構大きめのクラフトバッグを
作ることだって出来るんですよ♪

大きいと言っても
折り紙のサイズの中でですけどね(^-^;

では作り方をご紹介しましょう!

折り紙でマチありラッピング袋を折ろう!

折り紙を準備しましょう☆

準備するもの

今回使用した道具はこちら!

・折り紙・・・100円

・カッター(はさみ)

・両面テープ(のり、テープのり)

細かいところにつけられる
両面テープやのりを準備してください。

やはり折り紙は小さいので
両面テープなら1cm以下が良いと思います。

折り紙をサイズに合わせてカット

折り紙を半分に折りカットします。

折り紙でクラフトバッグを包む

1.袋状にする

表面ののりしろ部分に両面テープを貼り

両面テープ分折ります。

ポイント!
両面テープが無い場合
1cm以下でのりしろ部分を折り曲げます。
のりはまだ塗らないでください!

のりしろ部分を折り曲げたまま
半分に折ります。

ポイント!
両面テープ以外の場合は
半分に折ってからのりを塗ってください。

2.底を作る。前編

作りたい底の半分の長さで折ります。

ポイント!
長ければ長いほど底が広くなります。

折った底開いて左側を内側に折ります。

左側も同様に内側に折ります。

ポイント!
折り目を合わせると綺麗に折れます。

写真のように底を下に倒し
縦半分にして底の部分だけ
折り目をつけます。

ポイント!
この折り目は無くてもいいものですが、
次の工程で目印として役立ちます。

開いて底の下の部分
半分より向こうに少し出るくらい
折り曲げます。

3.側面を作る。

横向きにして底の折り曲げた時に
出来た角を頂点に側面となる部分を折り
折り跡をつけます。

反対側も同様に折り跡をつけて

裏にしてこちら側にも折り跡をつけます。

ポイント!
両面から折り跡をつける理由
広げた時に側面の折り目がしっかりと
出るようにするためです。

4.底を作る。後編

表面にして底を上に来るように置き、
先ほど折った側面の折り目
底半分の斜めの部分の交点折ります

5か所に両面テープ(のり)をつけて
上→下の順に貼り付ける。

5.立体にして完成♪

口の部分に手を入れて広げて
底を広げて

マチの部分の真ん中の折り目を
内側に折ったら

折り紙で作る
角底のクラフトバッグが完成です♪

ポイント!
立体にする前に
底の部分を反対側に折り
跡をつけると組み立てやすくなります。

反対側に折り跡をつけると立体にしやすい

何てことないアメも
このクラフトバッグに入れたら
プチギフトへと大変身しちゃいます!

お試しあれ~♪

さらにアレンジを加えたら
もっと可愛くなるんですよ!

次はアレンジ方法をご紹介します!

スポンサーリンク


飾りつけ次第で可愛くアレンジ♪

おしゃれなシールを貼れば
こんな風に可愛く出来ます。

リボンをつけて
手さげバッグ風にアレンジしてみました♪

シールと合わせたらこんな風になります☆

ちなみに手さげバッグ風
入れ口を折り曲げたところに
リボンを挟んでるんですよ。

もう一つのアレンジ方法は…

まず穴あけパンチで二つ穴をあけて

中身を入れます。
今回はアメを入れました。

穴にリボンを通して蝶結びをしたら
完成です♪

このように色々なアレンジをして
楽しんでくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

お菓子を配るとき
この折り紙クラフトバッグで渡したら
ちょっといいものを貰った気分になりませんか?

私はなります(*´ω`*)

心が込められていることが
相手に伝わると思うので
ぜひ一度試してみてくださいね♪

そして折り紙の可能性に驚きませんか?

折って楽しむ以外に
本当に色々な使い道があるんですよ。

飾りつけのアレンジ方法も
もっとたくさんあると思います。

またちょくちょくお伝えしていきますね!

ここまでお読みいただきありがとうございます♪

おすすめの記事はこちら!

お菓子のばら撒きに使えるラッピング!三角テトラ型のかわいい袋の作り方

スポンサーリンク