男性向けラッピング!英字新聞とタックがアクセントのかっこいい包み方

父の日などにかっこいい包み方♪

今回は父の日や旦那さんや彼氏などの
男性へのプレゼントにぴったり
おしゃれでかっこいい包み方を
教えたいと思います!

キャラメル包みという
簡単な包み方のアレンジ編です!

ラッピング用紙にタック(ひだ)を作り
英字新聞を重ねてアクセントに使う
上級者がやりそうなかっこいいアレンジが
簡単に出来るんです!

この包み方が分れば
おしゃれ度がぐっと増したプレゼント
渡せますよ♪

絶対気に入ってもらえるはずです♪

もちろん女性へのプレゼントにも
使えますよ☆

では不器用な私でも出来る包み方を
解説したいと思います。

スポンサーリンク


キャラメル包みアレンジ講座

準備するもの

今回使用した道具はこちら!

・ラッピング用紙・・・100円

・英字新聞・・・100円

・紐(麻)2種類・・・100円

・カッター(はさみ)

・両面テープ

最近は100円ショップで英字新聞柄の用紙
売っているんですよ。

今回使用するものは『セリア』で購入しました。

はお好みでリボンにしてもいいです。
無しでもいいと思いますよ。

贈る方の雰囲気やラッピング用紙に合った
ものを選んでくださいね♪

ラッピング用紙をサイズに合わせてカット

ラッピング用紙サイズ
たて 縦幅 + 高さの3分の2 ×
よこ 横1周の長さ + タック(ひだ)10㎝ほど

英字新聞サイズ
たて 縦幅 + 高さの3分の2 ×
よこ 10~12㎝ほど(箱のサイズに合わせる)

縦幅
箱の縦の長さにプラスして
両端とも箱の高さの3分の2
隠れるくらいの長さをとってください。

横幅は、
箱の横1周分にタック(ひだ)を作るので、
10~13㎝ほど余分に紙をとってください。

英字新聞は縦の長さは
ラッピング用紙と同じにして

横は10~13㎝ほどで良いと思います。
箱のサイズに合わせたサイズに
すると良いですよ。

ラッピング用紙で包む

1.タック(ひだ)をつくる。

縦長に置いて、
左側が端から5㎝ほどのところを起点に
斜めに折ってください。

ポイント!
箱を見てどれくらいの角度で
斜めにするか確認するといいですよ。

折った部分を一度開いて表に返して
折った部分をつまんで、

1~1.5㎝ほど内側に折ります。

その状態で裏に返して、

斜めの折り目の左側が4分の1程度
見えるように、

また、横の線が平行になるように
内側に折ります。

2.英字新聞を付ける。

英字新聞の表向きに置いて、
右端を2㎝ほど折ります。

先ほどのラッピング用紙の
最後に折った部分を一度開き
両面テープを2か所ほどつけます。

この時、
開いた折り目(写真の斜線部分)より
両面テープがはみ出さないように
また、左側は下のタック(ひだ)にかかるように
つけます。

上の写真の斜線の折り目
英字新聞の折った部分で包むように
挟みます。

横から見るとこんな感じです。↓

そのまま先ほど貼った両面テープ
貼り付けます

表に返すとこんな感じです。↓

3.キャラメル包みをする。

キャラメル包みをします。

右側タック(ひだ)が来るように置き、
包む箱を真ん中に置きます。

左→右の順に箱を包み、

タック(ひだ)の斜めの部分が
綺麗に見える位置に来るよう調整します。

全体のバランスを確認しながら
調整すると良いですよ。

端が揃うようにすると綺麗です。

もし、
英字新聞が箱よりはみ出した場合、
はみ出した部分を内側に折りましょう。

英字新聞に両面テープを貼って固定します。

横を見て箱がちょうど真ん中に
来るように調整します。

側面に両側を内側に折ります

英字新聞が飛び出していたら
内側に折ってください。

下側に両面テープを貼り、
上→下の順に貼り合わせます。

こんな感じになります。

反対側も同様に両側を折り、

英字新聞がはみ出していたら
内側に入れて

下側に両面テープを貼り、
上→下の順に折り貼り合わせます。

こちらもこんな感じにさせます。

完成するとこういう風になります。

スポンサーリンク


4.紐をかける。

今回は初めに白い紐をかけます。

輪1つ作りその分の長さを
残しておきます。

結ぶ位置を決めて
手前から箱の下を通して1周させます

結ぶ位置紐を交差させて
左から下を通り右側へ1周させます

最初に輪にした方の紐を
1周させます。

左から来ている紐上から下をくぐり
右上へ出します。

クロスさせた位置で
先ほどくぐらせた紐と右から来ている紐を
1つ結びします。

下に来ている紐で輪を作り

もう一方の紐をその輪に
手前から2回巻きつけます。

1回目に巻きつけた輪から
2回目に巻きつけた輪をつかんで
くぐらせます。

くぐらせた紐と最初の輪を
引っ張って結びます。

2つめの紺色の紐も同様

輪を作り長さを取ってから
縦に1周して交差させ、
横に1周させます。

白い紐と同様に
最初に輪にした方の紐の先を
結び目に巻きつけて1つ結びします。

こちらも蝶結びをして整えたら

2種類の紐を結び目を中心に
広げていきます。

出来たら完成です♪

思いのほか簡単なんですよ☆

斜めにするところも
お好みで角度を変えると
雰囲気がガラッと変わると思います。

また、今回は細い紐を使いましたが、
リボンを使うとまた違う
雰囲気になり良いと思います。

まとめ

今回ご紹介したキャラメル包みの
アレンジ方法ですが、
いかがでしょうか?

2種類の紙を使うので
難しそうに見えますが、
そうでもないんですよ☆

包み方はキャラメル包みなので
簡単にできますしね!

英字新聞でなくても
アクセントになる色をもってきて
包めばまた違う印象になると思います。

簡単なのに上級者のような包み方に
見えるところが良いですよね(*^^*)

一度試してみてくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございます♪

おすすめの記事はこちら!

紙袋の簡単アレンジラッピング!Yシャツに変身!父の日に最適な包み方

スポンサーリンク