初心者でもリボンのアレンジした結び方が出来る!不器用さんでも分かりやすく解説!

「リボンの結び方をアレンジしたい!」

そんな方必見のアレンジ方法を
細かく解説しました!

今回は2つのリボンを使ったアレンジ方法
2通りご紹介します。

2つのリボンを使って??・・・難しそう

そんなことありません!
不器用な私でも出来ちゃうんですから!(笑)

こちらをご覧いただいて試してみてくださいね!

ではさっそく行きましょう!!

スポンサーリンク


ダブルリボン講座

2つのリボンで蝶結び~重ねる方が上ver.~

プレゼントにかけたリボンと
もう1つリボンを使ったダブルリボンの
方法をご紹介!

まず1つ目の方法は
2つ目のリボンが上に来る結び方です。

準備

分かりやすくリボンに名前を付けますね。

土台のリボン・・・A

重ねるリボン・・・B

リボンAを1つ結びにします。

一つ結びにするときの注意点

Aのリボンを1つ結びにします。
右側にあるリボンが上に来るよう交差して

左側のリボンの下に通します。

交差させるとき、
右側のリボンは表向きのまま
左側のリボンは裏向きにします。

結び方

リボンA(赤)の下に出ている方を輪にします。

その上にリボンB(緑)を重ねて
親指で一緒に持ちます。

ポイント!
リボンB(緑)右側の長さ
輪1つ分と垂れの長さ分にしておきます。

リボンA(赤)の上に来ている方
上からかぶせます。

かぶせたリボンを
最初に作った輪に2回巻きつけて
リボンB(緑)の下から出します。

1回目に巻きつけたリボン(写真:青)の中から
2回目に巻きつけたリボン(写真:黄)を通します。

※緑のリボンの下を通ってください。

引っ張り出すとリボンの輪が出来ます。
2回目に巻きつけたリボン左の輪に変身しました!

この輪と最初に作った輪を
引っ張って結びます。

リボンB(緑)を1つ結びにします。

リボンA(赤)と同様に
右側のリボンが上にくるように交差させて
左側のリボンの下を通して

ギュッと縛ります。
上に来る方を裏面
下に来る方を表面にしましょう。

リボンB(緑)の下に出ている方で
輪を作ります。

リボンB(緑)の上に出ている方
輪に2回巻きつけます。

1回目に巻きつけたリボンの中から

2回目に巻きつけたリボンを通します。

※黄色い斜線が1回目に巻きつけたリボン
※矢印が2回目に巻きつけたリボン

引っ張り出すと左の輪が出来ます。
その輪と最初の輪を引っ張って縛り、

形を整えたら完成♪

リボンの中に小さいリボンが来るので
かわいい演出が出来るんです。

色を同系色にしてグラデーションをかけて
可愛いですよ♪

続いて2つ目のダブルリボンをご紹介します。

スポンサーリンク


2つリボンで蝶結び~蝶の形を先に作ろう~

続いての結び方は
最初に蝶の形を最初に作るやり方です。

先ほどよりは工程が少ないのですが、
固定されていないので
押さえながらの作業になり少しやりにくいです。

でもクリップを使えば大丈夫ですよ☆

ではご紹介しましょう!

準備

分かりやすくリボンに名前を付けますね。

土台のリボン・・・A

重ねるリボン・・・B

リボンB(緑)をリボンの形にします。

左に輪を作ります。

後ろに来ているリボン右に輪を作り

交差したところをクリップで止めておきます。
私は木のピンチで止めました。

ポイント!
クリップを使わなくてもできますが、
押さえながらの作業になるので
クリップを使った方がやりやすいです。

A(赤)のリボンを1つ結びにします。

右側にあるリボン上に来るよう交差して

左側のリボンの下を通します。

交差させるとき、
右側のリボンは表向きのまま
左側のリボンは裏向きにします。

結び方

1つ結びにしたリボンA(赤)の結び目
リボンB(緑)を重ねます。

リボンA(赤)の下に出ている方
輪を作ります

リボンA(赤)の上に出ている方を
上からかぶせます。

最初に作った輪に2回巻きつけます

1回目に巻きつけたリボンの中から

2回目に巻きつけたリボンを通します。

すると左の輪が出来ます。

左の輪最初の輪引っ張って結び
整えたら完成です♪



まとめ

この結び方が出来たら
おしゃれ度がぐっと上がりますよ!

最初の結び方
2本目が上に来るので
1本目よりも細めのリボンがいいです。

最初に紹介した結び方~後で蝶結びにするパターン~

逆に2つ目の結び方
2本目が下にリボンが来るので
1本目よりも太めのリボンが見栄えがします。

2つ目に紹介した結び方~先にリボンの形にするパターン~

逆だと上に来るリボンが
下のリボンを隠してしまう可能性があります。

ちなみに今回はわかりやすく
赤のリボンと緑のリボンでご紹介しました。

反対色なので
目立って見やすいんですよね(*^^*)

前回ご紹介したリボンの結び方とともに
こちらもぜひ試してみてくださいね♪

前回ご紹介した記事はこちら!

初めてでも分かる!変わったリボンの結び方でラッピングをワンランク上に!

ここまでお読みいただきありがとうございます♪

スポンサーリンク