初めてでも分かる!変わったリボンの結び方でラッピングをワンランク上に!

「リボンの結び方が定番過ぎてつまらない!」

今回はリボンの結び方について
ご紹介したいと思います。

リボンの結び方ひとつとっても
個性的な結び方があるんです。

今回は5通りの結び方をご紹介します!

スポンサーリンク


リボンの結び方講座~5通り~

蝶結び

1番シンプルな蝶結びです。

準備

1つ結びにします。

右側のリボンが上に来るように交差させて

左側のリボンの下をくぐらせます。

結び方

に出ているリボンでを作ります。

上に出ているリボンを先ほど作った
輪に2回巻きつけます。

1回目に巻きつけたリボンの中
2回目に巻きつけたリボンを通します。

2回目に巻きつけたリボンが
左の輪になります。

くぐらせた先の輪と最初の輪を
左右に引っ張ると蝶結びの出来上がりです。

ハサミで先の長さを切り揃えたら完成♪

ポイント!
リボンは巻きつける方を長めにして
左右の輪を揃え、
垂れの長さを揃え
たら
綺麗に見えます。

蝶結び~2回巻き~

2回巻きの蝶結びは
太いリボンを使うとき
おすすめの結び方です。

準備

1つ結びにします。

リボンの下に出ているリボンを表向きに、
上に出ているリボンを裏向きにします。

結び方

下に出ているリボンを輪にします。

上に出ているリボンを
輪の上から1回巻きます。

もう1回巻きます。

ポイント!
緩く2回巻きつけてください。

下に出来た隙間をくぐらせます。

ポイント!
柔らかいリボンの場合、
最初の輪が邪魔になっているようなら
人差し指を輪に入れるとやりやすくなります。

くぐらせたら2つの輪を引っ張り
整えたら完成♪

この2回巻きのいいところは
縛った部分が隠されて
結び目がきれいに出るんです。

幅のあるリボンを巻くとき
この結び方をすると綺麗なリボンが出来ます。

シングルループ(1つ輪結び)

シングルループは個人的な意見ですが、
かっこいい雰囲気なので、
父の日や彼氏や旦那さんなど
男性へのプレゼントにおすすめです。

もちろん女性へのプレゼントに
使ってもいいですよ~☆

準備

一つ結びします。

結び方

下に出ているリボンを輪にします。

上に出ているリボンを輪に巻きつけて

下に出来た隙間にくぐらせます
通しきることが重要です。

左に出来た垂れ2つと右の輪を引っ張ります。

左右の垂れの長さを揃えたら完成♪

スポンサーリンク


トリプルループ(3つ輪結び)

トリプルループは
トリッキーなイメージです(笑)

その名の通り輪が3つ出来る結び方で
ボリュームが出ます。

準備

一つ結びします。

に出ているリボンの長さを
輪2回と垂れの長さ以上にします。

結び方

下に出ているリボンで輪を2つ
右→左の順で作ります。

真ん中を親指と人差し指で
上から持つとやりやすくなります。

上に出ているリボンをその輪に
2回巻きつけます。

1回目に巻きつけたリボンの中に
2回目に巻きつけたリボンを通します。

2回目に巻きつけたリボンが
左の輪になります。

左の輪と最初に作った右の輪を
引っ張って結びます。

形を整えたら完成♪

輪が3つ出来ることと、
右側に垂れが2つがくるんです。

ちょっとトリッキーでしょ?(笑)

でもボリュームが出て可愛いですよね♪

フォーループ(4つ輪結び)

準備

1つ結びにします。

下(左)のリボンの長さを
輪3つ分と垂れの長さ以上にします。

結び方

下(左)に出ているリボンを
右→左→右の順で輪を3つ作ります。

真ん中を親指と人差し指で上から持ちます。

上に出ている方を先ほど作った
輪に2回巻きつけます。

1回目に巻きつけたリボンの中に
2回目に巻きつけたリボンを通します。

2回目に巻きつけたリボンが
左の輪になります。

くぐらせた先の輪と最初に作った輪を
左右に引っ張り結びます。

輪を整えたら完成♪

フォーループは見た目が派手なので
太めのリボンで作るとより派手に見えて
センス良く見えると思います!

まとめ

5通りのリボンの結び方を
ご紹介しました。

いかがでしたか?

リボンの種類やプレゼントによって
結び方を変えるだけでも
個性が出てプレゼントに魅力が増しますよ♪

ぜひ一度試してみてくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございます♪

スポンサーリンク