不織布で簡単ラッピング!豪華な包み方にしたい人必見の絞り包みを紹介

「豪華なラッピングをしたいけど初心者でも大丈夫?」

初心者でも豪華でプロ並みのラッピングに
仕上がる方法をご紹介しましょう!

今回は絞り包みという包み方です。

上の写真の通り絞り包みは見た目が豪華!!

使用する包装紙は不織布という柔らかいものを使います。

おしゃれな布を使用してもいいですね!

それでは包み方をご紹介しましょう!

スポンサーリンク


絞り包みの基本講座

絞り包みとは、
紙ではなく布系のラッピング素材
包むことが特徴です。

高さがある箱や
ひっくり返せないギフトに最適な包み方です。

準備するもの

今回使用した道具はこちら!

・ラッピング素材(不織布)・・・100円(セリア)
(リボン付き)

・リボン・・・不織布に付いていたもの

・カッター(はさみ)

・テープのり(両面テープでも可)

今回のラッピング用紙は紙ではなく、
柔らかい素材の不織布”
という素材を使用しました!

接着剤は、不織布がくっつきにくい素材なので、

テープのりや両面テープ

などを使用してください。

ラッピング用紙をサイズに合わせてカット

まずはラッピング素材を
包みたい箱のサイズに合わせて
カットしていきましょう。

ちょうどいいサイズなら
カットしなくても大丈夫です。

必要なサイズ
たて 箱1周分 + 2~3cm
よこ 箱1周分 + 16~20cmほど

横幅を箱1周分プラス
片側8~10cmほど余白をとります。

両方合わせると
箱1周分 + 16~20cmほどの幅
必要になります。

縦幅は
箱1周分プラス
余白を2~3cmほどとってください。

ラッピング用紙で箱を包む

1.上下の用紙を貼り合わせる。

箱を紙(布)真ん中に置きます。

手前側の紙(布)に箱の長さ分だけ
のりを付けます。

奥の紙(布)と貼り合わせます。

こんな感じになります。

2.左側を箱に沿わせて持ち上げる。

左側の箱近く真ん中あたりを
つまむと三角形ができます。

そのまま上に持ち上げ、

三角形を箱にくっつけるように
倒します。

左手で後ろの紙(布)を持ち上げながら
右手で中心に手繰り寄せます。

横は内側に押し込んでくださいね。

角と紙(布)が揃うように
持ち上げます。

スポンサーリンク


3.反対側も2と同様に持ち上げる。

つまんで三角形を作って、

三角形を箱にくっつけて

横を内側に押し込みながら
箱に沿わすように持ち上げます。

両方持ち上げるとこんな感じ↓

4.ギャザーを作る。

上の飛び出した部分を
中心に集めます。

中心により集めながら
下を絞ります。

(親指のところで集めましょう。)

5.リボンを付けて蝶結びする。

より集めた部分に
リボンを1~2周させて

ギュッとしながら一回縛ります。

~ここから蝶結び~

一方の垂れに輪を作り

その輪にもう一方の垂れを
半周させて間をくぐらせ
輪を作ります。

最初に作った輪と
後からできた輪をギュッと縛り
蝶結びの完成♪

ちょっとだいぶいびつな蝶結びに
なっちゃいました(=_=)

上のギャザーを整えたら完成です♪

簡単なのに華やかに見えるのが
この絞り包みなんです♪

上の部分がふぁ~!!っとなってるから
豪華そうに見えますよね?笑

リボンの違う結び方をしたい方はこちら!

初めてでも分かる!変わったリボンの結び方でラッピングをワンランク上に!

まとめ

紙ではなく、布をなどの柔らかい素材を使うことで
箱の固さを消してくれます。

相手に優しい気持ちを
与えてくれるんじゃないかと思います。

女性や子供へのプレゼントに持って来いですね♪

豪華な華やかさあふれる絞り包みを
ぜひ試してみてくださいね!

ここまでお読みいただきありがとうございます♪

おすすめの記事はこちら!

正方形のラッピング方法!逆さにしたくない贈り物にぴったりの包み方

正方形の初心者でも簡単なラッピング!クロス包みでカッコよく見せる方法!

キャラメル包みのラッピング方法ご贈答マナーも合わせてご紹介!

初めてでも分かる!変わったリボンの結び方でラッピングをワンランク上に!

初心者でもリボンのアレンジした結び方が出来る!不器用さんでも分かりやすく解説!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク